歯の病気にかかる前に悪い歯並びは矯正するべし!

矯正治療する必要がある代表的な歯並びの種類

治療するタイミングによって治療法が違う

矯正治療は大人だけではなく子供も実施することができます。どの時期に実施するかによって治療内容が大きく異なりますので、矯正方法の違いをみてみましょう。

子供と大人での矯正治療の違い

子供の場合

子供は大人と違い、まだアゴが成長しきっていません。そのため治療を開始するタイミングによって治療法が異なります。乳歯と永久歯が混在している小学校低学年頃は、アゴを正しい形に成長させるようにします。そして永久歯だけになったタイミングで大人の治療と同様に歯並びを矯正していくのです。

大人の場合

大人はアゴの成長が終わっていますので、歯並びの矯正から始まります。まず初診で歯の状態を確認した後に、見た目や費用なども考えつつ自分の歯に適した治療法を実施します。そして定期的にメンテナンスを行い、歯の並びを矯正していくのです。

歯の病気にかかる前に悪い歯並びは矯正するべし!

歯科矯正

叢生

歯並びがデコボコの形になっている状態のことを指します。この状態になると歯磨きがしづらくなりますので、虫歯になるリスクも高いです。虫歯になる前にみよし市周辺の矯正歯科で矯正治療を実施するようにしましょう。

出っ歯

上の部分の前歯が下の部分の前歯より前に突き出している状態のことを指します。この状態になると上の前歯が下の部分の歯ぐきに接触する時間が長いので傷つきやすくなります。出っ歯の治療法として一般的なのが舌側矯正です。

反対咬合

出っ歯とは逆に下の部分の前歯が上の部分の前歯より前に突き出している状態のことを指します。この状態になると下の前歯だけ歯の病気になりやすくなります。治療法としてはマウスピース矯正が一般的です。